収入の額と税金について

ここで取り上げる税金とは、社会保険と所得税と住民税です。
これらは、収入の額によって税額が変わってきます。

ごく一般的な例として、サラリーマンを夫とする専業主婦が、
派遣社員として働きに出た場合を想定して、
税金について紹介していきますね。
親の扶養に入っている人の場合も、ほぼ同様です。

【社会保険】
扶養者が加入している社会保険の被扶養者なので、
保険料を払う必要はありませんが、
収入が130万円以上発生した場合は、
個人で加入しなくてはならず、
別途社会保険料が必要になります。

【所得税】
年収が103万円を超えると、所得税の支払が必要です。

【住民税】
年収が100万円を超えると、住民税の支払が必要です。

この他、扶養者の勤め先で、扶養手当が支給されている場合、
年収の条件によって、カットされる場合もあります。
収入を得ることによって、今まで払っていなかったお金を
払う必要が出てくるケースがありますので、
限度額で調整しながら働くか、気にせずバリバリ働くか
税金のことも含めて考える必要があります。

派遣のおしごと基本知識

知っておきたい派遣の待遇

派遣のおしごとを探そう

働き始めたはいいけれど

派遣の職種と必要なスキル

職場の人間関係問題

派遣バイト比較

経済情報

資格

リンク集